箏・三絃 黒川真理 オフィシャルサイト 東京琴教室/富山琴教室/小杉琴教室では目的に合わせて、お子様からご年配の方まで年齢に関係なくお好きなコースをご用意しています。

箏・三絃 黒川真理 オフィシャルサイト

フォトギャラリー

黒川真理 フォトギャラリー

箏と三絃の歴史

こと

ごく広義には絃楽器の総称で、古くは「あづまごと・やまとごと」(和琴)、「きんのこと」(琴)、「くだらごと」(箜篌)、「しらぎごと」(新羅琴)、「さみせんのこと」(三味線)、「こきうのこと」(胡弓)などのように、まったくタイプの異なる絃楽器各種をすべて「こと」と呼びます。 やや狭義には、琴と箏の類(長胴のツィター型弦鳴楽器)をあわせて呼びます。 最も狭義には箏の別名で、この呼び方は江戸時代に起こり、現代に及び、琴と書いても箏のことを言う事が多くございます。



その優雅な音色で、わたしたち日本人の心を和ませてくれる伝統音楽。この日本古来の音楽は、平成14年度より中学校の音楽教材として採用されるなど、多くの人の興味・関心を集めつつあります。
当院では、邦楽を気軽に楽しみたい方から、専門的に学びたい方まで幅広くコースをご用意。
目的に合わせて、お子様からご年配の方まで年齢に関係なくお好きなコースをお選びいただけます。
日々の教室や発表会、海外公演等を通しての同じ目標をもつ人達との新しい出逢いは一生涯の大切な仲間づくりにもつながります。
邦楽を愛するあなたとの出逢いを心待ちにしております。

(C)箏・三絃 黒川真理 オフィシャルサイト ALL RIGHTS RESERVED.